『浦和ロックシティ再始動!!』
2021年3月6日(土)15:00~
埼玉会館・大ホール


チケット販売:2月初旬から発売開始予定

出演予定アーティスト(随時更新・順不同)


ダイアモンド✡ユカイ(RED WARRIORS)
木暮"shake"武彦(RED WARRIORS)
高橋まこと(BOØWY)
長沢ヒロ(安全バンド)
伊藤純平(安全バンド)
相沢友邦(安全バンド)
森園勝敏(四人囃子)
岡井大二(四人囃子)
ホッピー神山
高橋喜一(サブラベルズ)
ストレイト(木暮"shake"武彦・高橋喜一・津田宏・大金晴哉)
Opening Act:EITA&THE SUPER ROCKETS

埼玉県・ さいたま市・ beyond2020・ 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
テレ玉・ NACK5・ REDS WAVE87.3FM・ 埼玉新聞社
※順不同

参加バンド募集

【アマチュアライブエリア】6バンド/【プロライブエリア】2バンド

締切や条件などのお問い合わせはメールにて
cast■arco-g.com(■→@)

『浦和ロックシティ再始動!!実行委員会』 発足の経緯

当時のアマチュアバンドは、浦和での活動をきっかけにプロへとなったミュージシャンが大勢いる。
その代表格に、レベッカやRED WARRIORSで活躍した「木暮"shake"武彦」や「ダイアモンド✡ユカイ」、BOØWYのドラム「高橋まこと」、THE YELLOW MONKEYの「HEESEY」、レベッカの「NOKKO」などがいる。
そして、この時代を作り上げ、今なお存続する団体「浦和ロックンロールセンター」がある。

「浦和ロックンロールセンター」は、1970年10月14日を皮切りに70年代を数えるだけでも合計185日間。約3年後には活動が話題となり都内でも数多くライブをすることとなっていった。

【プロバンド エリア】

埼玉会館・大ホール 15:00~

その歴史を築いたバンドに憧れ音楽を目指した若者たちは、今尚、日本のロック界を牽引するアーティストとなっている。

本イベントは、その代表となるアーティストをゲストに迎え、当時に組んでいたバンドを1日限りで再結成し「古き良き時代」を再現する。そしてリスペクトしているレジェンド達とのセッションもすることで時代を超えて浦和のロック魂を蘇らせます。プロの生ライブは当時も行っていた埼玉会館に決定!

今後も文化振興事業の一環として、また街の活性化と共に継続的に開催ができるよう、「新しい生活様式」に対応した形でライブを開催し、会場での生ライブと生配信で行い、当時活動していたデビュー前のバンドの再現など、今では観ることのできない貴重なライブを実現する!

【アマチュアバンド エリア】

県庁敷地内・コバトンカフェ前 10:00~

文化振興の一環としての役割・・・にぎわいの創造

文化芸術を生かして地域のにぎわいを創出する目的として、浦和ロックンロールセンターの50年の歴史を商業施設や店舗などと協力をして街中を浦和ロックの歴史ギャラリーとし、その写真をSNSにハッシュタグ「#浦和ロックシティ」を付けてアップしてもらいイベントの周知と街の賑わいに繋げる。

埼玉県誕生150周年イベントとして、埼玉県庁敷地内コバトンカフェ前を利用してアマチュアバンドによる「浦和ロックシティ」の再現を図る。

また、そのイベント内では日本財団が実施している「海と日本プロジェクトin埼玉」のイベントとの共催とする事も決定。

出演するアーティストによる「海」をテーマにした曲のセッションや、来場者には〝海ごみゼロ″の活動として街中のゴミを拾いながら会場に来てもらい、海と日本プロジェクトのブースで非売品のイベントグッズや記念品などを抽選でプレゼントする。

『浦和ロックシティ再始動!!実行委員会』役員について


栗原(木原)真弓

委員長 兼 エグゼクティブプロデューサー

キャスティング事業やイベント・演劇プロデュースなどを手掛ける株式会社アルコグランデの代表取締役。
〝浦和ロックシティ″と呼ばれていた後期頃が高校生だった。

最高に楽しかった青春時代を、再現できるライブを行いたいと以前より考えており、まずは自身の経営する店舗・埼玉県庁敷地内の「コバトンカフェ」で、埼玉県から文化振興事業の一環で県からの後援とbeyond2020の取り組みとして「木暮"shake"武彦アコースティックライブinコバトンカフェ」を2016年に開催。

今年2020年5月にも第2回を開催予定だったが新型コロナウイルスの感染拡大の為、9月に延期し「新しい生活様式」を取り入れた内容で開催した。


瀧口 修一

副委員長 兼 プロデューサー

今年2020年10月14日で50周年を迎えた浦和ロックンロールセンターの代表。
主に70年代、浦和を中心にコンサートをプロモートしていた集団。


当時、浦和ロックシティを席捲していた安全バンド、長沢ヒロのマネージャーも務めている。


音楽サイトBARKSに木暮""shake""武彦がインタビューアーとして掲載されている。

◎BARKS『長沢ヒロトリビュート・ライブ 〜安全バンド結成50周年〜 』 。
瀧口修一(安全バンドマネージャー)インタビュー。

後援企業・団体一覧(※順不同)

  • 埼玉県

    埼玉県

  • さいたま市

    さいたま市

  • beyond2020

    beyond2020

  • 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

  • テレ玉

    テレ玉

  • NACK5

    NACK5

  • REDS WAVE87.3FM

    REDS WAVE87.3FM

  • 埼玉新聞社

    埼玉新聞社

浦和ロックシティ再始動!!

『浦和ロックシティ再始動!!実行委員会』問い合わせ先

〒330-0063
さいたま市浦和区高砂3-10-4 埼玉建設会館2階
(株)アルコグランデ内
048-711-1337
eien■arco-g.com(■→@)